ARCHIVE: 2019年09月03日  1/1

『凍て空』Ⅳ 完結編

こんにちは、Eimiです。『凍て空』Ⅳ完結編です。〈前回までのあらすじ〉16歳の山村実は終戦と共にシベリアに抑留されました。ある朝、体調不良と微熱があり、強制労働を一日回避できると思っていたところ、入院と判断されます。不本意ながら病棟へ移ると、その夜に高熱となり、うなされ、意識がもうろうします。その中で、ロシアの医師が『翌朝、39度まで下がらなければ、薬をうち切れ』と命令する声を聞いたのでした。《小説》『...

  • 0
  • 0

『凍て空』Ⅲ

 こんにちは、Eimiです。『凍て空』四回に分かれてしまいまして申し訳ありません。今日は第三回です。〈前回までのあらすじ〉終戦とともにシベリアに抑留された山村実は、軽い体調不良を感じた朝、病棟への『入院』を言い渡されます。腑に落ちないまま、荷物を持って病棟へ移動する稔は、そのとき初めてゆっくりと空を見上げ、故郷のことを思い出すのでした。《小説》『凍て空』 Ⅲ その夜、稔は発熱した。  身体中の力が抜け...

  • 0
  • 0