長谷川ひろこさん

こんにちは、Eimiです。
今日は、ひょんなことで知り合いとなりました長谷川ひろこさんのことを書きます。
DSCN1574_convert_20191027023821.jpg
長谷川さんはわたしより年上ですが、第一印象は、とにかく頭の良い方という感じでした。

早口で、その明晰な頭脳から繰り出される柔らかな言葉遣いと、静かで気遣いの方という反面、どこかはっきりとした意思も持ち合わせている、大変オーラの強い方です。

そしてを書かれています。

本も出版しています。
なるほど~、という感じです。
DSCN1586_convert_20191028011939.jpg
『ときどき三三七行

3・3・7拍子のリズムに乗って、短く明るい詩編が繰り広げられます。
明るく、さわやかな風が吹く感じです。

わたし、若いころ、占い師の方に「オーラが普通です」と言われたことがありました。
オーラが普通です」って、なに

とか、思いましたが、
長谷川さんに出会ってなるほど、と思いました。

オーラが只者ではない」とは、
こういう人のことを言うのか~。

あとを引かないさわやかな詩編です。

「野に咲く花の上を吹く風になりたい。何も主張しない風でありたい」
と言います。

心の美しい方です。

詩人はもともと天使だと聞いたことがあります。
そうなんでしょう。

長谷川さんも、きっとこの世は行き難いことだと、しみじみ思ったことでしょうね。
DSCN1579_convert_20191027024617.jpg



関連記事
スポンサーサイト



COMMENT0

LEAVE A COMMENT